topimage

2017-09

X-T1 絵作り編? - 2014.09.30 Tue

140929a.jpg
X-T1+18-55mm ISO800 プロビア シャドウトーン:ミディアムソフト

OM-D一式を売っぱらって、X-T1とお釣りをもらってきました。
まだまともに外でとってないので結論を出すには早いですが、
あんまり私には合わないかなぁと・・・(汗
ソニーに慣れすぎてしまったのかもしれない・・・


140929o.jpg
E-M1+14-140mm vivid 階調オート?

OM-Dで嫌だったのが、まるちゃんのウィッグの描写。
それと草とか木の葉っぱとかの緑色がちょっと暗くなると灰を被ったようにくすんでしまうこと。
まるちゃんのウィッグは影の部分が急激に黒く落ち込んでしまうのが嫌でした。
まるで赤と黒の二色が混じったようなウィッグっぽくなってしまう。
X-T1は緑色は素晴らしいんですが、ウィッグが描写が似たような感じでがっかり。


140929sof.jpg
α7+35mmF2.8


レンズも撮影条件も全然違うので、比較は出来ないけど、
上の3枚が絵作りのイメージが良く出てるかも。
X-T1だけ高感度で暗いところでの撮影なので、日中野外で撮ってどんな感じになるか・・・



続きは、室内で同じ被写体を撮り比べてみました。

140929x.jpg
X-T1+18-55mm プロビア




140929so.jpg
α7+16-50mmPZ スタンダード

公平をきすために、α7はAPS-CモードでNEXのパンケーキズームレンズを使用。
といっても、X-T1のほうはキットレンズでも高級タイプなのであんまり公平ではないかも。絞りはF8。
でも、α7のほうは糞レンズなのにシャキッとしてるかも(汗
X-T1のほうが白い服の部分がふわっとしてる。これもOM-Dの嫌な部分でだったのよね・・・
これが画素ピッチの差なのかなぁ。

明るさが違ってしまいましたが、両方標準の絵作りモード。
ウィッグの影の部分を見ると分かるんだけど、α7のほうが暗いにもかかわらす、
影の部分でもちゃんと色が残ってる。
この辺がソニーがうまくて暗部の階調を残したまま
コントラストの高い絵になってるんですよねぇ。
普段は、α7はデフォではコントラスト高すぎなので、コントラストを-1か-2で使ってます。
X-T1もシャドウのトーンを調整できるんですけど、ややソフトにすると暗い部分は良くなるんですけど、
全体的に色が薄くなったように・・・


140929xb.jpg
OM-Dでもそうなんでけど、この葉っぱの間の影が墨で塗ったように真っ黒になってしまうのは、
もしかしたらローパスレスだからなのかなぁ。
ローパスフィルターがアンチエイリアス?っぽい効果になって色のつながりを滑らかにしてるとか。
そういえばα7とα7Rで迷っていたときに、
一眼レフ専用のコミュで見たα7Rで撮った画像もこんなだったような。
α7のほうが滑らかで綺麗に見えたのよね。
まあ、多分絵作りの違いだけで全然関係ないかもだけど(汗


140929v.jpg
X-T1+18-55mm ベルビア
ベルビアはちょっとドール撮りには使えないかなぁ・・・(苦笑


140929xa.jpg
出勤前に朝の光でちょっと撮影。
多分プロビアでシャドウ-1かな。
なんか色が珍妙だよなぁ・・・


140929xc.jpg
X-T1 ISO1600 ノイズリダクションやや弱

期待していた高感度は思ったほどでも・・・?
あ、高感度だなって写り。
低感度から結構ザラザラ感はある。
でもカラーノイズが全然なくて塗りつぶしてベタベタになってる感じがあんまり無いので良いのかもしれない。



絵作りが好かんのならと、RAW画像の現像をLRでしてみたけど、
これもなんとなくなんだけど、ダイナミックレンジ(黒つぶれ白飛び救済)もソニーのほうがあるような気がする。



やっぱα7用のFE24-70mmを買えばよかったかなとちょっと後悔中・・・
X-T1を売れば交換な感じで買えるけど、5万円近くの損失に。
なんか最近金使いすぎてつらいですよ・・・


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nononanamiyu.blog44.fc2.com/tb.php/2196-f9b52377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本最北端給油証明書と貝殻 «  | BLOG TOP |  » 2193

プロフィール

アツ

Author:アツ

にほんブログ村

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

リンク

最近のコメント

FC2カウンター